日常

YouTubeの障害の原因は?エラーで見れない人の反応まとめ!

2018年10月17日午前 世界中を巻き込む衝撃的なことが起きた。

そう、現代人のライフラインともいえる動画配信サービス「YouTube」が障害の影響で、一時見れない状態になってしまったのだ。

YouTubeの障害の原因

各メディアサービスの障害を通知する「Downdetector」による障害発生マップでは、なんと、こんなに広範囲でYoutubeがダウンしていました。

こんな広範囲にも関わらず、わずか数時間で復旧できるYouTubeの凄さ。相当に優秀なプログラマーやリーダーが揃っていますね。

HTTP500内部サーバーエラーの意味

今回「500内部サーバーエラー」と表示されていましたが、一体どういう意味なのか?

これはもう相当にざっくりなエラーコードで、ようは「サイトのサーバ側で何かエラーが起きたけど、何が実際に起きたか細かいところまでは分からないよーん」とお手上げ状態のことです。(笑)

ですが、大体以下のエラーに絞り込まれます。

・アクセスが集中
これは考えにくい。YouTubeみたいな毎日膨大なアクセスがくるサイトは、アクセスが集中すること前提でサーバを組んでるので、まずアクセス大量で落ちないでしょう。

・コードでバグが発生
サイトの裏側、つまり、プログラマーたちが色々と書き込んでるサイトの基盤となる部分のコードに記述ミスがあった。

コードというのはものすごくシビアな世界で、例えば、「;」であるべきところを「’」と書いてしまうだけでサイトが表示されなかったりします。

この可能性が最も高いです。

もしかしたらサイト自体に何かしらアップデートを加えていて、その過程でコーディングミスがあったのかもしれませんね。

YouTube障害へのネットの反応

みんな無事だったのかな…?

通勤中、移動中の電車で何してたのかな…?

待合室の時間つぶし、イライラしなかったかな…?

と色々心配になってしまいましたが(本当に?)、実際どうだったのか見てみましょう。

ひとりごと

僕です
僕です
みんな、結構動揺していましたね…。正直、僕YouTube全然見ないので影響なかったです。だって、あれってダウンロード再生できないから、えらいパケット喰うから、基本的にHuluしか見てないさ。Huluに移行しようよ。

2週間無料で見れるから、見まくって解除という手法(笑)

Huluを無料で見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です