芸能

桂歌丸の死因は?落語芸術協会会長の後任は?

7月2日に悲報が入りました。

笑点で茶の間の人気者だった歌丸さんが亡くなりました。

桂歌丸の死因

笑点の司会者を降りた際は、体力の限界(痩せきってしまった)でしたが、近年でも誤嚥性肺炎等で入退院を繰り返していました。

しかし、治療や手術を行うも、完璧に回復せず。

6月14日に再び入院。

その時の原因は36キロまでやせてしまったこと。
36キロ…健全女性でもかなり細い体重の域に入ります。

そのレベルになってしまうと、筋肉や関節の衰えもあります。
案の定、歩く事が困難だったようです。

それに加えて、腸閉塞も起こしていたみたいです。

腸閉塞の症状として通常はけいれん性の腹痛がみられ、腹部膨満食欲不振を伴います。 嘔吐は小腸閉塞でよくみられますが、大腸閉塞ではあまり多くなく、すぐには起きません。 腸が完全に閉塞すると重度の便秘が起こりますが、部分的な閉塞であれば下痢が起こります。 絞扼が生じると、痛みがひどくなり絶え間なく生じることがあります。

それでも今年後半の舞台等には意欲を見せていたみたいですが、
最終的には肺炎のため亡くなりました。

落語芸術協会の後任

現在、歌丸さんは落語芸術協会(芸協)の会長を勤めていますが、後任は副会長の三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ)になる予定です。

プロフィール

名前:三遊亭 小遊三(さんゆうてい こゆうざ)

本名:天野 幸夫(あまの ゆきお)

生年月日:昭和22年3月2日(71歳)

出身市:大月市(山梨県東部)

芸歴:昭和58年3月 真打昇進

ひとりごと

僕も笑点の歌丸さんは大好きでした。よく友達と真似していたことを思い出します。

本当に笑いを与えてくれてありがとうございます。

ご冥福お祈りいたします。

桂歌丸の葬儀や告別式はどこで行う?日時を公開7月2日に笑点で司会者を勤めていた桂歌丸が慢性閉塞性肺疾患のため亡くなりました。 代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です