芸能

IPPONグランプリ2018の優勝者はこの人たち!お題と回答を公開

3月10日に放送された
2018年のIPPONグランプリ。

ダウンタウンの松っちゃんが
主催してるお笑い番組だが、
今年は以下の芸人たちがラインアップしていた。

チェアマン
松本人志

出場者:
・秋山竜次(ロバート)

・小沢一敬(スピードワゴン)

・川島 明(麒麟)

・木下隆行(TKO)

・昴生(ミキ)

・大悟(千鳥)

・中岡創一(ロッチ)

・博多大吉(博多華丸・大吉)

・バカリズム

・堀内 健(ネプチューン)

 

IPPONグランプリ2018の優勝者

激闘の末、

バカリズムが優勝しました!

6年ぶりの優勝、おめでとうございます!

2年前にIPPONグランプリについて
感想を聞かれた時、
バカリズムはこのように回答していました。

IPPONグランプリの難しさとは?

バカリズム:僕は試合直前に意気込みとかを聞かれた時に、上手く返すことが一回もできてませんね(笑)。だから本音を言うと、話しかけないでほしいんですよね。本番に向けてコンディションを仕上げてきたかどうかを、プロスポーツ選手に対するものと同じテンションで聞いてくるから、思わず「いや、ないないない」ってなっちゃいますね(笑)。 

確かにアスリートと同じテンションで
聞かれてしまうのは困りますよね。

スポーツと違って、
事前にお題を知らされてるわけでもないし、
自分がもともと持ってるお笑いのセンス(感性)とか
場数を踏んできたからこそ感じ取れる空気とか
いろんな要素がありますよね。

実際に、バカリズムは、
「他の場なら面白いけど、
 あそこの場では通じないお笑いがある」
と言っています。

やっぱり、お笑いって、
その場その場の空気を読み取る力も、
お笑いセンスと同じぐらい重要なんですね。

IPPONグランプリ2018の決勝戦のお題と回答

決勝戦 第1問
動画でアフレコ

バカリズム:1本

決勝戦 第2問
「『呪いの入れ歯』はめるとどうなる?」

バカリズムの回答:保険がきかない(1本)

決勝戦 第3問
「長い名前を叫んでください」

バカリズムの回答:なし(千鳥1本)

決勝戦 第4問
動画でアフレコ

決勝戦 第5問
「『ひとくち ちょうだい』くらいのイラッとする事を言って下さい」

バカリズムの回答:すみません、よくわかりません(Siri)(1本)

 

結果、3対1!

圧勝と言えるでしょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です