芸能

ジャニーズの黒幕のK氏は誰?SMAPを解散に追い込んだ張本人

SMAPを解散に追い込んだと、
一時は話題になっていたジャニーズの重役K氏。

ついに、K氏が雲隠れしたとして、
巷を騒がせています。

事の発端は、
ジャニーズ事務所の体制変更によるもの。

ジャニー社長・メリーの旧体制から、
娘(副社長)の新体制に切り替わりつつある。

当然ながら、
新体制ということは、
旧世代のやり方に沿う必要は全くない。

時代に合わせた、
「新時代のやりかた」で
これからのジャニーズ事務所を
引っ張っていくのが新体制・娘の仕事です。

例えば、
ネット活動を禁止とされていた旧世代。

新体制では、
ネットでの活動が始まっています。

こういった細かい部分をみて、
「自分の居場所がなくなる!」
と悟ったK氏が身を細めてるみたいですね。

なんとも哀れ。

SMAPを解散に追い込んで、
会社内で自分の立場を確率したと思ったんでしょう。

だけど、実際にはその真逆。

新体制のことまでは頭にはなかったわけだ。

どの企業もそうだけど、
新体制になる時というのは、
新しいリーダーは「旧世代の毒を吐き出す」動きをします。

何が会社を停滞させてるのか?

何が空気を悪くしているのか?

それらを客観的に見ていて、
自分の番になった時に、
一気に修正にかかります。

さて、居場所がなくなったK氏。

イニシャルばかりで、
外に顔を出さずに、
本当に意地が悪い。

そんなK氏の正体を暴いてみましょう。

SMAPを解散に追い込んだK氏の正体

K氏について、
出てる情報は以下の通り。

・ジャニーズ・エンタテイメントの重役
・メリー喜多川副社長の“側近”
・音楽プロデューサー
・大手レコード会社の役員
・アーティスト事務所の代表

もうわかっちゃいました。

現・ジャニーズエンターテイメントの
三代目代表取締役・小杉 理宇造(こすぎ りゅうぞう)です。

 

プロフィールは以下の通り:

名前:小杉 理宇造(こすぎ りゅうぞう)

誕生日:1947年11月10日

・日本の実業家
・音楽プロデューサー
・スマイルカンパニー元代表取締役社長
・ジャニーズ事務所顧問

1973年 (株)日音入社。1975年RCAレコード入社。このとき山下達郎と出会い、デビューアルバムのアメリカレコーディングを実現させる。1982年 独立してアルファムーン(株)を設立。のちにワーナーミュージック・ジャパン傘下となる(現イーストウエスト)。1995年、(株)ワーナーミュージック・ジャパン 代表取締役会長就任。現在はワーナー退任後、(株)スマイルカンパニー代表取締役社長として後進の指導にあたっている。また、KinKi Kidsのデビュープロデュースをはじめとするジャニーズグループの音楽アドバイザーとしても活躍中。

イニシャルはKだし、
プロフィールの内容もドンピシャじゃないですか?

なぜ社長が副社長の側近?
とも考えちゃいますが、
形だけ社長だけど、
実際に副社長はジャニーさんの姉。

ということは、
副社長の方が力あるわけですね。

実質、副社長とジャニーさんが権力握ってるけど、
会社のトップとして、社長が動いていた、
と考えられます。

そして、都合が悪くなったら、
頭さえ切っちゃえばいいですからね。

そういう理由から、
雲隠れしたと考えてもおかしくないですね。

 

ジャニーズ関連ニュース:
キンプリ(King&Prince)がデビュー曲をライブで披露!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です