芸能

倉持由香の前の事務所はどこ?悲惨な過去!

5月5日に放送された「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」
に、通称「尻職人」のグラビアタレント、倉持由香が出演した。

その番組内で驚くべき事実が公表された。

それは、軟禁に等しい前・事務所の行動だ。

倉持由香の前の事務所の犯罪まがいな行動

2007年から所属していた前・事務所ですが、
そこはタレント事務所にしてはめずらしく
住み込みでの活動を余儀なくされた。

事務職ならまだしも、
グラビアタレントとして活動しているのに、
住み込みでやる必要が全くありません。

住み込みは、
24時間、いつでもどこでも活動できる
というメリットがあるため、行うことです、

グラビアとして、
いつでもどこでも撮影できる必要性はあるのでしょうか?

絶対にありません。

ホームページ制作やお茶汲みをさせられていたとのこと。
ただの召使いですね。

にも関わらず、当時高校生だった倉持由香を
高校時代から住み込みで働かせています。

しかも、ちゃんとした寮や部屋が用意されたわけでもなく、
事務所の台所に寝袋で寝ていたという。

明らかにブラックな企業です。

それがバレるのが怖いのか、
倉持由香は、4年の間、
ずっと親や友達との連絡を許されませんでした。

一度、親と連絡をとってるとこを見られて、
ビンタされたそうです。

ここまでくると立派な傷害罪ですね。

そして、なんと、
行動範囲も制限されていました。

許されていたのは、事務所から学校までの道のりのみ。

おそらく、通学時間を事務所側が把握しているので、
帰宅時間が少しでも遅いと、上記と同様、
暴力を振るわれていたのでしょう。

あるいは、芸能人という夢を追いかけてる人にとって、
一番反抗しにくい「契約解除」をするとか言われたのでしょう。

 

さて、その問題の事務所を暴いていきましょう。

倉持由香の以前の事務所の名前

倉持由香は、以前は別名で活動していました。

その名前は「倉持結香」。

実際は、発音は同じですが、
漢字が違うだけですね。

今までのファンのことを思っての
処置でしょう。

 

「倉持結香」として活動していたときの事務所は
東京図鑑 という事務所です。

東京図鑑

本社所在地:
〒165-0024
東京都中野区松ヶ丘2-14-3 2B

(とてもじゃないけど、芸能事務所には見えない・・・)

業種:
サービス業

事業内容:
芸能事務所

代表者:
小林栄介

リンク:
http://eggcore.cutegirl.jp/

ちなみに芸能事務所にも関わらず、
今は上記の公式サイトは閉鎖している。

え?

 

東京図鑑エンターテイメントは
調べれば調べるほど、ボロが出てきますね。

所属タレントのブログがたびたび炎上してメディアに取沙汰されることもある。事務所側は「リスクは必ずあるが、お金をかけなくても、やり方次第でタレントの名を上げることはできる」と答えている

2014年12月25日、社長小林栄介がFacebookで杏野はるなと結婚していたことを発表したが、2015年1月30日になって1月15日に離婚していたことを発表した。杏野は小林から逃れるため地元の警察署に逃げ込んだと主張

元妻が、警察署に逃げ込んだ、ですと?

どう考えても暴力ですよね?

これで確信しました。

この会社は、トップがどうしようもない人間なので、
会社全体もブラックなんですね。

 

公式サイトもないし、代表のSNSもないし、
今となっては、本当におおやけに活動しているのかも
わからない、闇が深い会社ですね。

編集後記

今は違う事務所で、
ちゃんとした芸能生活を送っている倉持由香ですが、
今回の番組内で「それ(過去)があるから、今はどんな仕事でもありがたい」
と発言しています。

こういうポジティブマインドで、
しかも強いメンタルと経験を持って入れば、
自然とファンも増えていくことでしょう。

ぜひ、今後も頑張ってほしいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です